オーダースーツの魅力とは?オーダーする前に押さえておきたい基礎知識を徹底解説!

このサイトではオーダースーツの魅力はどこにあるのか、オーダーする前に押さえておきたい基礎知識を徹底解説しています。
初めての人でもこれを知っておけば安心です。
またオーダーメイドのスーツの相場はどれくらいなのか知りたい場合にもおすすめです。
さらにオーダーメイドのスーツを作る際は着用シーンを具体的にイメージしておくことの大切さにも触れています。
注文する人の体型にフィットする1着を手に入れることができるでしょう。

オーダースーツの魅力とは?オーダーする前に押さえておきたい基礎知識を徹底解説!

オーダースーツを作ったことがないため、まずは基礎知識を押さえておきたい人は多いのではないでしょうか。
オーダースーツは、大きさや形状なども指定して制作を依頼できるスーツです。
フルオーダーとセミオーダーがあり、セミオーダーの方が低価格で利用可能となっています。
生地やデザインなどにも拘りつつ、体形に丁度良く合った1着が手に入るのが魅力です。
オーダースーツを作るならサンプルを良く確認して、仮縫い段階で試着するのがお勧めです。

そもそもオーダースーツとは?どのような魅力がある?

仕事をする上で男性でも女性でも、相手に与える印象はとても重要です。
自分のサイズに合ったスーツでデザインなども、自分で選べるオーダースーツを選ぶ人が増えています。
オーダースーツはサイズやデザインやシルエットなどを、個別にオーダーすることが出来るスーツのことを指します。
自分のサイズにフィットしているので動きやすく、人から見てもきちんとした印象を与えてくれます。
オーダースーツにも種類があり、フルオーダーと呼ばれるものは全て型紙から一から作成するスーツで既存の型紙から作成するイージーオーダーやパターンオーダーなどがあります。
オーダースーツの魅力はフィット感が高いスーツが作成出来る点や、生地やデザインなどを自分の好みに選ぶことが出来る点が挙げられます。
またフィット感が高い為余計な摩擦がかからないので、シワやヨレが出来にくく結果長持ちしやすい面もあります。
最近は女性でもフルオーダーで仕立てることが出来る店も増えてきているので、こだわりのスーツを購入してみてはいかがですか。

パターンオーダーのオーダースーツとは?

オーダースーツと一口に言っても、そのオーダー方法は大きく3種類に分けられますが、初めてオーダースーツを作るならパターンオーダーがおすすめです。
このオーダー方法では、既製のサンプルスーツを試着して自分の体型に最も近いものを選択し、それをベースとして細かなサイズ調整を行っていきます。
ただし、着丈・袖丈・ウエストといった部分はサイズ変更できますが、細かな体型補正ができないケースがあり、特になで肩やいかり肩などの補正ができないケースが多いです。
加えて、ボタンや袖口、裏地など仕様変更できる部分が限られるというデメリットもありますが、パターンオーダーのスーツは安価に作ることができます。
一般的には2~7万円ほどで作れますし、サンプルスーツを試着するため仕上がりのイメージが付きやすいというメリットもあるため、オーダースーツを初めて作る方でも安心です。
さらに、納期も2~3週間程度と、比較的短いため早急にオーダースーツを作りたいという方にもおすすめです。

イージーオーダーのオーダースーツとは?

オーダースーツのオーダー方法は大きく3種類ありますが、オーダースーツ中級者向けとされているのがイージーオーダーです。
ゲージ服(サンプルスーツ)を試着するという点は、簡易的なオーダー方法であるパターンオーダーと同じですが、個々の体型に合わせた細かな体型補正が行えるという点に違いがあります。
着丈・袖丈・パンツ丈などの縦方向だけでなく、肩部分などの横方向の補正も可能なので、より自身にフィットしたスーツを作ることができます。
また、パターンオーダーよりも細かな仕様変更ができるというメリットもありますが、費用についても4〜20万円ほどと比較的お手頃な価格で作ることが可能です。
一方で、細かな体型補正ができると言っても、基本的には型紙の原型を基準として作成するオーダー方法なので、補正できる範囲は制限されます。
型紙原型を著しく逸脱したような補正には対応できないケースがあるので、細かな要望がある場合は注意が必要です。
加えて、フィッター(販売員)とイメージが共有できていないと、思ったような仕上がりにならない恐れがあるので、フィッターとしっかりとコミュニケーションを取っておくことが大切です。

フルオーダーのオーダースーツとは?

オーダースーツのオーダー方法は大きく3種類に分けられますが、最も自由度が高いのがフルオーダーです。
昔ながらのスーツの仕立て方法で、まず体のパーツを細かく採寸した上で型紙を作成し、生地を裁断して仮縫いします。
この段階で一度試着し、着心地を確認しながらサイズを細かく調整した上で、本縫いを行って完成となります。
このオーダー方法は、パターンオーダーやイージーオーダーと比べると作業工程が多いため、完成までに時間がかかるとともに、費用も高いものの自分の体に完璧にフィットしたスーツを作ることが可能です。
また、本縫いの前に試着ができるので、試着の段階でイメージと異なる部分があれば修正ができるというメリットもあります。
一方で、完成までに1か月以上かかり、費用も20万円以上かかるのが一般的なので、手軽にオーダースーツを作りたいという方にはおすすめできません。
加えて、フルオーダーでスーツを作れる店舗が限られるのもデメリットと言えるでしょう。

オーダースーツに関する情報サイト
オーダースーツサイトへGO

このサイトではオーダースーツの魅力はどこにあるのか、オーダーする前に押さえておきたい基礎知識を徹底解説しています。初めての人でもこれを知っておけば安心です。またオーダーメイドのスーツの相場はどれくらいなのか知りたい場合にもおすすめです。さらにオーダーメイドのスーツを作る際は着用シーンを具体的にイメージしておくことの大切さにも触れています。注文する人の体型にフィットする1着を手に入れることができるでしょう。

Search